名古屋市道堀田高岳線:愛知県の資格者警備員(交通)の配置路線

名古屋市道堀田高岳線は、愛知県内全域が検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

名古屋市道堀田高岳線(なごやしどうほりたたかおかせん)は、名古屋市瑞穂区神穂町の松田橋交差点と同市東区東桜の高岳交差点を結ぶ、主要地方道たる名古屋市の市道である。

起点:名古屋市瑞穂区神穂町・松田橋交差点
終点:東区東桜・高岳交差点

【概要】

全線にわたって「空港線」の愛称が付けられており、1984年(昭和59年)に名古屋市が愛称を公募の上制定した。
国道41号の名古屋市内部分と併せる形で全線にわたって「空港線」と呼ばれる[注 1]。また、全線にわたって名古屋高速道路が高架で堀田高岳線上を通っている。全線片側3車線で、最も外側の車線は鶴舞公園前までバスレーン(平日の朝は基幹バス1号東郊線専用)となっている。南行きは名古屋高速東新町入口付近から丸田町付近まで中央近くに寄る(東新町入口のランプが道路左寄りにあるため)。構造上高岳交差点を境として国道41号の延長に当たる形となっているため、しばしばこの道路を国道41号として案内していることがある。
周辺には数々の観光施設・商業施設・大企業があるため、平日、休日問わず全区間において交通量が多く渋滞が発生しやすい。特に朝は大型トレーラーやトラックなどによって右折レーンが混雑し、隣の直進車線まで右折待ちの車両があふれることがある。また鶴舞交差点は変則的な5差路となっており、JR中央本線の高架脚により車線に制限があることもあり構造的に渋滞が発生しやすくなっている。交通量が多く路面の損傷も進みやすいため、リフレッシュ工事も絶えず行われている。
この道路の直下を通る名古屋市営地下鉄の路線は、計画としては存在するが、現在当該計画の事業化は凍結されている。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員(資格者)の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

愛知県警察本部生活安全総務課警備業係

電話 (052)951-1611(代表)

愛知県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。