名古屋市道江川線の地図:愛知県の資格者警備員(交通)の配置路線

名古屋市道江川線は、愛知県内全域が検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

 

 

by Google

 

名古屋市道江川線(なごやしどう えがわせん)は、名古屋市西区の秩父通交差点から中村区、中川区、熱田区を経て港区の名古屋港ガーデン埠頭に至る、名古屋市の市道である。

起点:名古屋市西区・秩父通交差点
終点:港区・名古屋港ガーデン埠頭

【概要】

名古屋市により「江川線」が公式な愛称として制定されている。
秩父通交差点から浅間町交差点までは名古屋市営地下鉄鶴舞線が、日比野交差点から終点までは名古屋市営地下鉄名港線が、それぞれ地下を通っている。国道や県道ではないが、名古屋市を南北に抜ける道路として重要であり、交通量が多い。
西区庄内通から中川区山王まで名古屋高速道路6号清須線および都心環状線が上を通っている。また、山王から港区役所付近までは4号東海線が通っている。
江川線の名前の由来は、もともと、「江川」と呼ばれた用水路(正式には「庄内用水の東井筋」であり、庄内川から堀川の西側を流れていた)を大正時代に暗渠化して道路とした事からその名称がついている[1]。また、1984年(昭和59年)に名古屋市が市内の道路の愛称を公募した際に、従来から用いられていた通称をそのまま道路の愛称として制定した。
かつては名古屋市電(浄心延長線・上江川線・押切線・下江川線・野立築地口線・築港線)が敷設されていたが、交通環境の変化もあって1971年(昭和46年)までに廃止された。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員(資格者)の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

愛知県警察本部生活安全総務課警備業係

電話 (052)951-1611(代表)

愛知県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。