国道292号線の地図:新潟県の資格者警備員(交通)の配置路線

一般国道292号線は、新潟県妙高市大字長沢ヤシュビ 地先(県境)から新潟県妙高市柳井田町字東沖 地先までが検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

 

 

by Google

 

国道292号(こくどう292ごう)は、群馬県吾妻郡長野原町から新潟県上越市に至る一般国道である。

起点 : 群馬県吾妻郡長野原町長野原(新須川橋交差点=国道145号旧道・国道406号交点)
終点 : 新潟県上越市大字寺町/西田中(寺町交差点/寺町I.C=国道18号・新潟県道254号上小沢上越妙高停車場線交点、新潟県道579号上越脇野田新井線終点)※一般国道の路線を指定する政令では新潟県新井市(現・妙高市)大字姫川原
主な経由地:長野県下高井郡山ノ内町、中野市、飯山市

【概要】

本国道は、群馬県長野原町の国道145号交点から草津温泉(草津町)や渋峠、志賀高原(長野県山ノ内町)を経由しながら北西方向に進み、新潟県上越市の国道18号交点までを結ぶ路線である。
長野原町 – 草津町の区間は2つのルートがあり、西側の区間は一般有料道路の草津道路として1964年(昭和39年)に開通した。当初、長野原町 – 草津町間は草津道路経由のみが指定されたが、1980年代に六合村を経由する区間が追加指定された。なお、草津道路は1993年(平成5年)に無料開放された。また、渋峠をはさんだ41.1 kmの区間は、一般有料道路の志賀草津道路として整備され、1992年(平成6年)に無料開放された。
国道の中では日本一標高の高いところを通る道路でもある。国道最高地点は渋峠より数百メートル群馬県側にあり、標高2,172 mの「日本国道最高地点」の碑が建てられている。渋峠の群馬県側は急勾配のため、いったん南側の最高地点を通ってから渋峠に至る路線設計となっている。群馬・長野県境の渋峠を挟み、草津 – 山ノ内間に冬季閉鎖区間が設けられており、例年4月下旬から11月下旬までの期間、火山規制がかからない場合のみ通行できる。
当初、終点は新井市(現在の妙高市)大字姫川原であったが、国道18号の上新バイパスの開通により区域が変更され、1991年(平成3年)に終点は上越市内に移転した。しかし、一般国道の路線を指定する政令では現在も終点は新井市のままとなっている。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員(資格者)の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

新潟県警察本部

電話(025)285-0110(代表)

新潟県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。