国道399号線の地図:福島県の資格者警備員(交通)の配置路線

一般国道399号線は、福島市飯坂町茂庭134林班い小班から福島市飯坂町茂庭134林班つ小班までの間を除く福島県内全域が検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

 

 

by Google

 

国道399号(こくどう399ごう)は、福島県いわき市から山形県南陽市に至る一般国道である。

起点:いわき市(平中神谷 = 国道6号交点)
終点:南陽市(南陽市竹原交差点 = 国道113号赤湯バイパス交点)
主な経由地:福島県福島市、伊達市

【概要】

南東北を代表する酷道の一つ。いわき市から阿武隈高地の峰越えを繰り返し、阿武隈高地の東西へ延びる谷沿いに通る道路・集落を相互に連絡しながら長駆北上する。国道349号との重複区間を経て、伊達市からは福島市の北部を通り、飯坂温泉へと西進。摺上川から更にその上流の稲子沢沿いに遡り、途中では谷沿いに割り込んでいる宮城県七ヶ宿町を通る。再び福島市に戻ってから、鳩峰峠を越えて山形県高畠町に下り、高畠町市街地で国道113号に合流する。
福島県いわき市内は市街地から北へ抜けると、阿武隈高地の峠越えになり、峠はトンネル工事が2018年現在において進められている。その先しばらくは2車線の快走路となるが平野部でも細い道が散見される。田村市で国道288号との重複区間があり、双葉郡浪江町でも国道114号と一部重複する。
国道114号からの分岐点以北は、2011年の福島第一原子力発電所事故の影響で、国道399号の一部が帰還困難区域に指定されて立ち入りできなくなっており、2018年8月の特別通過交通制度が国道399号の一部区間に適用されてからは、通行規制区間のゲートより先は自動車に限り通過できるようになった。なお、特別通過交通制度適用区間内では、国道399号からのすべての分岐路は封鎖されているため、大きな迂回を余儀なくされる。
伊達市、飯坂温泉の市街地以北を過ぎ、福島・山形県境の鳩峰峠 (785 m) 付近はいわゆる酷道区間で、対向車とのすれ違いが困難な狭隘道路が延々と続き、落石など恐れがある危険路となる。峠より山形県東置賜郡高畠町側は、杉並木の道になる。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員(資格者)の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

福島県警察本部

電話(024)522-2151(代表)

福島県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。