国道50号線の地図:茨城県の資格者警備員(交通)の配置路線

一般国道50号線は、茨城県内全域が検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

 

by Google

 

国道50号(こくどう50ごう)は、群馬県前橋市から茨城県水戸市に至る一般国道である。

起点:前橋市(本町一丁目交差点 = 国道17号交点、国道291号起点)
終点:水戸市(三の丸1丁目、水戸駅前交差点 = 国道51号・国道124号終点、国道245号・茨城県道6号水戸那珂湊線・茨城県道50号水戸神栖線起点)
主な経由地:群馬県伊勢崎市、桐生市、栃木県足利市、佐野市、小山市、茨城県結城市、筑西市、笠間市

【概要】

沿線は北関東3県の人口密度が比較的高い地域となっており、また沿線に内陸工業地域が連なることもあって、常に一定の交通量がある。栃木県内では各種バイパスが整備され(「バイパス」の項目参照)立体交差が連続し、小山市街地等、一部を除き流れの良く快適に走行できる区間がある。反面、群馬県や茨城県内に残る未整備の2車線区間は慢性的に流れが悪くなっている。
群馬県内ではこの道路に並行する形で北関東自動車道が整備され、群馬県内の2車線区間は渋滞は多少解消した。[要出典]しかし、栃木県内や茨城県内ではこの道路と北関東自動車道との並行区間が短い。栃木県内は前述のバイパス整備により比較的快適に走行できるが、茨城県内は結城市で結城バイパスが完成、筑西市内で下館バイパスが整備中である他、桜川筑西インター付近が拡幅されている(岩瀬バイパスの項参照)程度で、他は対面通行道路が多く、流れは悪い。
北関東自動車道は佐野田沼IC – 太田桐生IC間が2011年3月19日に開通し、これで全線開通となるため、トラックやバスなどの大型車や遠距離まで行く乗用車などはそちらを利用することが望まれているため、当道路の混雑は解消される模様である。 全線が指定区間に指定されている。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員(資格者)の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

茨城県警察本部 生活安全部生活安全総務課

電話(029)301-0110(内線)3036・3037

茨城県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。