国道507号線こちら:沖縄県の検定合格警備員(交通)の配置基準路線

一般国道507号線は、沖縄県全域が検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

 

 

by google

 

国道507号(こくどう507ごう)は、沖縄県糸満市から那覇市に至る一般国道である。

起点:沖縄県糸満市(字糸満、国道331号)
終点:沖縄県那覇市(旭橋交差点 = 国道330号)
主な経由地:糸満市、島尻郡八重瀬町、島尻郡南風原町、那覇市

【概要】

沖縄本島の南端に位置する糸満市の市街地にある糸満から、島の南部を反時計回りに描くように半周して、那覇市楚辺の国道330号交点(古波蔵交差点)とを結ぶ延長約30 kmの一般国道の路線で、主な通過地は、島尻郡八重瀬町、南風原町である。路線延長の約半分にあたる、起点の糸満 – 八重瀬町・具志頭交差点間は、国道331号との重用区間で、具志頭 – 終点の那覇・古波蔵間が単独の実延長区間である。
日本の国道の中で、もっとも大きな番号を持つ国道である。沖縄の本土復帰前は、琉球政府道46号線として現在の沖縄県道46号線と合わせ、那覇市安里から八重瀬町(当時は具志頭村)具志頭までを結んでいた。復帰後は県道を経て、1993年に国道に昇格された。
そして2007年にはこれまで国道329号だった那覇市上間 – 古波蔵の区間が同国道の本線を那覇東バイパスに移したため、管理を沖縄県に移した上で当国道の路線となった(うち国場 – 古波蔵の区間はもともと重複区間だったがルート変更で当国道のみの単独路線となった)。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

沖縄県警察本部生活安全企画課

電話(098)862-0110

沖縄県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。