国道55号線の地図:高知県の資格者警備員(交通)の配置路線

一般国道55号線は、高知県内全域が検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

 

 

by Google

 

国道55号(こくどう55ごう)は、徳島県徳島市から室戸市を経由して高知県高知市に至る一般国道である。

起点:徳島市(かちどき橋1丁目1番1、かちどき橋南詰 = 国道11号起点、国道28号終点)
終点:高知市(二番町4丁目7番2、県庁前交差点 = 国道32号終点、国道33号・国道56号・国道194号・国道195号・国道197号・国道493号起点)
主な経由地:徳島県阿南市、高知県室戸市、安芸市

【概要】

路線全体の約半分が、室戸岬を含む海岸沿いを占めており、急勾配・急カーブもほとんど存在しないことからドライブコースとしても利用される。沿線の好眺望ゾーンは同時に台風常襲地帯でもあり、夏から秋にかけては沿道の山腹崩壊や落石、高波などによって通行規制が敷かれることも少なくない。また、大津波警報の発令など津波の襲来が予想される場合にも通行規制が敷かれることがある。
市街化が急速に進んだ徳島市南部、バイパス整備が遅れている阿南市橘地区、また1970年代早々に4車線路が整備された高知市 – 南国市などは、交通量が大変多く渋滞が発生しやすい傾向にある。
高知県東洋町 – 室戸市の海岸沿いの区間は、四国地方整備局から発表されている「道路の走りやすさマップ」において、最良の「Sランク」の評価をうけている。
徳島市沖浜付近から小松島市芝生までおよび、阿南市福井(福井ダム付近)から室戸岬を越えて香南市野市までは、現代の遍路道となっており、多くの遍路が利用する道となっている。一部に別ルートや旧道、自転車専用道路などがあるのでそちらを利用する遍路が多いが、美波町日和佐から安芸市街地までの区間では数多く歩き遍路の姿を見かける。日和佐の薬王寺から室戸岬の最御崎寺まで、約75 kmの間には札所寺院がないため、中には暑い日中を避けて夜を徹して歩く遍路もいる。
また、高知県安芸市下山において上下線が分離されている。理由は、神木である“なぎの木”のためである。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員(資格者)の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

高知県警察本部 生活安全部

電話(088)826-0110(代表)

高知県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。