県道12号原町川俣線の地図:福島県の資格者警備員(交通)の配置路線

県道12号原町川俣線は、福島県内全域が検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

 

 

by Google

 

 

福島県道12号原町川俣線(ふくしまけんどう12ごう はらまちかわまたせん)は、福島県南相馬市と伊達郡川俣町を結ぶ県道(主要地方道)である。

起点:南相馬市原町区高見町(国道6号交点)
終点:伊達郡川俣町飯坂(国道349号交点)
主な経由地:相馬郡飯館村

【概要】

国道114号を介し、県庁所在地の福島市と相双地方の中心都市である南相馬市を結ぶ。
2011年の福島第一原子力発電所事故発生当初、南相馬市の一部と飯舘村全域が計画的避難区域(後に避難指示解除準備区域および居住制限区域に再編)へ指定されていた。かつて20 km圏内に設定されていた警戒区域や年間放射線量が50ミリシーベルトを超える帰還困難区域とは異なり、通行は制限されていなかった。
以前より福島市内と相双地区を最短で結ぶルートであったが、国道6号が原発事故の影響で不通のため迂回する車で交通量が非常に増えている。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員(資格者)の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

福島県警察本部

電話(024)522-2151(代表)

福島県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。