県道20号足利邑楽行田線の地図:群馬県の資格者警備員(交通)の配置路線

県道20号足利邑楽行田線は、群馬県内全域が検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

 

 

 

 

by Google

 

 

 

栃木県道・群馬県道・埼玉県道20号足利邑楽行田線(とちぎけんどう・ぐんまけんどう・さいたまけんどう20ごう あしかがおうらぎょうだせん)は、栃木県足利市から群馬県邑楽郡邑楽町を経由し埼玉県行田市に至る県道(主要地方道)である。

起点 : 栃木県足利市野田町(川崎橋南交差点=栃木県道8号足利館林線・栃木県道128号佐野太田線交点)
終点 : 埼玉県行田市小見(小見交差点=埼玉県道7号佐野行田線、埼玉県道306号上中森鴻巣線交点)
主な経由地:邑楽郡邑楽町

【概要】

栃木県足利市の川崎橋南交差点から南下し、栃木・群馬・埼玉の3県を南北に貫き、埼玉県行田市東部までを結ぶ道路である。 沿線には多数の工業団地を抱えるために大型車の往来が激しい。 埼玉・群馬県境では利根大堰上(武蔵大橋)を渡っており、前後の取付部は急勾配もしくは直角カーブになっているため、大型車同士のすれ違いが困難であり、さらに利根川を越える橋が付近にはないため(昭和橋、刀水橋ともに距離がある)、県境付近では渋滞が頻発している。 また埼玉県道306号上中森鴻巣線と一本で続いており、国道17号から直接他路線を経由することなく国道125号や国道354号、国道122号、国道50号と5つもの国道と交差している唯一のルートでもある。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員(資格者)の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

群馬県警察本部

電話(027)243-0110(代表)

群馬県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。