県道27号東松山鴻巣線の地図:埼玉県の資格者警備員(交通)の配置路線

県道27号東松山鴻巣線は、埼玉県内全域が検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

 

 

by Google

 

埼玉県道27号東松山鴻巣線(さいたまけんどう27ごう ひがしまつやまこうのすせん)は、埼玉県東松山市から埼玉県鴻巣市に至る県道(主要地方道)である。

起点:埼玉県東松山市 国道254号、国道407号交点(下野本交差点)
終点:埼玉県鴻巣市 国道17号交点(天神交差点)

【概要】

鴻巣市側では東松山県道とも呼ばれる。東松山市-吉見町間はかつて、現在の埼玉県道66号行田東松山線(旧国道407号)の松本町交差点から久米田交差点間が指定されていたが、新宿町南交差点から久米田交差点間のバイパスが2012年3月24日に開通した為、それぞれ東松山市道・吉見町道に降格された。 また、吉見町下細谷-古名新田の荒川手前の間も、1990年代に新道が建設された。
そのため、起点となる国道407号や終点の埼玉県道38号加須鴻巣線とが一本で結ばれ、現在では前述する国道や県道と合わせて入間市方面から加須市方面の県南西部 – 県北東部を往来する幹線道路網の1つとなっている。
しかし、幹線道路でありながら、旧来の2車線道路がほとんどであり、右折帯のない吉見町役場前交差点や終点となる国道17号の天神2丁目交差点は渋滞が頻発している。
バイパスの一部並びに新道は、4車線化されている(新宿小南交差点はさらに立体化される予定であり、中央部は立体部建設用地が確保されている)。バイパスと新道の間に挟まれた吉見町中心部の区間も4車線化事業が進められている。
一方で荒川-鴻巣市内の区間は、荒川を渡る区間は御成橋の手前は横堤の上を走っており(ちなみにこの付近は、川幅日本一と公認されている区間であり、吉見側の堤防上・横提付け根及び鴻巣側の御成橋の橋詰には記念碑が建てられている)、鴻巣市内は市街化が進行しているため、いずれも4車線化拡幅には厳しい状態となっており、堤防手前で2車線に戻りつつ、堤防上までは4車線化用のの基礎が見られるが、その先は具体的に計画を立てている様子は見られない。ただし、荒川を渡って鴻巣市街に入ってすぐの場所で国道17号上尾道路と交差する計画となっており、上尾道路開通後は更に交通量が増える見込み(ただし、上尾道路の建設時期は未定)。なお、鴻巣市内の区間は現在の御成橋が1965年に架け替えられた時と同時またはそれ以降に造られた新道である[2](旧道は現在の鴻中陸橋北西寄りの踏切で高崎線を渡り、鴻巣駅前に至っていた。なお、この踏切の名は「松山新道踏切」という)。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員(資格者)の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

埼玉県警察本部 保安課

電話(048)832-0110

埼玉県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。