県道3号志度山川線の地図:香川県の資格者警備員(交通)の配置路線

県道3号志度山川線は、香川県内全域が検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

 

 

 

 

by Google

 

 

香川県道・徳島県道3号志度山川線(かがわけんどう・とくしまけんどう3ごう しどやまかわせん)は、香川県さぬき市から徳島県吉野川市に至る県道(主要地方道)である。

起点:香川県さぬき市志度字寺町904番2地先(志度寺交差点、国道11号交点)
終点:徳島県吉野川市山川町前川(瀬詰交差点、国道192号・国道193号交点)

【概要】

香川県さぬき市志度から讃岐山脈の女体山を超えて徳島県吉野川市山川町へと至る、県境越境県道である。
特に香川側においては国道377号の重複・分離区間まで、四国八十八箇所霊場巡りにおける、86番 志度寺から87番 長尾寺を経由して88番 大窪寺へと至る遍路道としての側面を強く有している。遍路道として見た場合、本道は巡礼の終盤を締めくくるための結願の道(けちがんのみち)としての側面があり、これによって同巡礼にとって本道は最重要参拝道路のひとつとして扱われる。そのため香川側の本道のロードサイドには巡礼者に向けた休憩所として利用できる四阿が散見される。
起点の志度寺交差点からさぬき市の志度地区、長尾地区の平野部を南進。前山ダムの辺りから山道となり、鴨部川に沿って急カーブが多くなる。多和駐在所前で国道377号と合流し東へ進む。約2.5 km程進んだところで国道377号と別れて県境に向かうが、この区間は整備がされておらず、一部の区間を除いて道はとても狭隘である。
阿波市内の通称「109峠」区間は未舗装であり、道幅も極めて狭いため自動車通行不能の看板が設置されている。これについては、吉野川市方面の場合、吉野川市川島地区にある道路事務所によって、「ここから4KM自動車通行不能」の表示がされている(平成29年徳島県道路現況調書によると、徳島県道区間のうち、自動車交通不能区間が0.614 km、砂利道区間が6.077 kmとある。)。同峠の区間の未舗装道路では路肩崩壊のため、実際に自動車での通行はほぼ不可能な状況にある。「109峠」の由来は、この峠を民生協力の形で切り開いた陸上自衛隊・第109施設大隊(のちに第8施設群となり、現在は第305施設隊となっている)に由来する。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員(資格者)の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

香川県警察本部

電話(087)833-0110(代表)

香川県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。