県道300号岡垣玄海線の地図:福岡県の資格者警備員(交通)の配置路線

県道300号岡垣玄海線は、福岡県内全域が検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

 

 

by Google

福岡県道300号岡垣玄海線(ふくおかけんどう300ごう おかがきげんかいせん)は、福岡県遠賀郡岡垣町から宗像市に至る一般県道である。

起点:福岡県遠賀郡岡垣町内浦字芹田(芹田交差点、国道495号交点、福岡県道288号原海老津線起点)
終点:福岡県宗像市神湊(神湊フェリーターミナル前)

【概要】

岡垣町北部の芹田交差点で国道495号から分岐する。国道495号は南西部の内陸部を通るのに対し、当線は海岸沿いに北西部へと向かう。岡垣町北西にある漁村の波津(はつ)を通り、右手に響灘を見ながら直進し、宗像市に入る。宗像市北端部の漁村の鐘崎で南に向きを変えて集落の中を通る。上八交差点で南側に県道502号が分岐し、当道路は右折して南西に向きを変え、さつき松原と呼ばれる海沿いの松林の中を通る。さつき松原は海水浴シーズンにおける混雑緩和のため、毎年7月下旬から8月上旬の間は車両通行止めとなる。さつき松原を抜け海岸から離れて狭隘な区間を通り、江口地区で国道495号と合流し、国道495号との重複区間となる。道の駅むなかたを経て釣川を渡り、宗像市北西端の神湊に入り神湊西交差点で右折し国道495号から再び分かれ、北へ向きを変える。1 kmほど北上したところの海岸近くの交差点が終点となる。終点から100 [[]m|メートル]]ほど北側の海岸の神湊フェリーターミナルからは大島・地島への渡船が発着している。
全区間片側1車線。岡垣町・宗像市北部の響灘・玄界灘沿いに敷設されている県道である。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員(資格者)の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

福岡県警察本部 生活保安課

電話 (092)641-4141

福岡県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。