県道35号泉塩釜線の地図:宮城県の資格者警備員(交通)の配置路線

県道35号泉塩釜線は、宮城県内全域が検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

 

 

 

by Google

 

宮城県道35号泉塩釜線(みやぎけんどう35ごう いずみしおがません)は宮城県仙台市泉区と塩竈市を結ぶ県道(主要地方道)である。

起点:仙台市泉区小角
終点:塩竈市赤坂

【概要】

1983年(昭和58年)1月11日、それまでの根白石塩釜線(一般県道)から変更され、主要地方道となった。泉区西部の国道457号交点から、仙台市地下鉄南北線・泉中央駅前を通り、JR東北本線沿いに多賀城市を経由し塩竈市に至る。スキー場がある泉ヶ岳方面と、仙台の北の副都心である泉中央副都心、そして仙塩地区を結んでいる、仙台都市圏北部の重要な東西道路であり、片側1車線の旧道から片側2車線の新道への付け替えが段階的に進んでいる。
JR東北本線・岩切駅東側をガードでくぐるが、道幅が狭く、普通乗用車同士がようやくすれ違いできる状況である。なお、2009年(平成21年)4月22日に仙台市宮城野区岩切・多賀城市市川橋間のバイパス(2.5 km)が完成、さらに市川橋・同市浮島間の1.1 kmも同年7月30日に開通したため、このガードをくぐらずに高架橋経由で岩切方面から多賀城方面に抜けることができるようになった。
泉区免許センター入口交差点(国道4号交点)を中心に渋滞が激しい路線である。また多賀城 – 塩竈間の塩釜街道は道幅が狭く、この区間と並行する国道45号などの抜け道としては使いにくかったが、上記バイパス開通で時間短縮と利便性が格段に向上し、抜け道として十分な役割を発揮できるようになった。
多賀城市内沿線には、特別史跡多賀城跡やそこから発掘された資料などを展示する東北歴史博物館などがある。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員(資格者)の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

宮城県警察本部

電話(022)221-7171(代表)

宮城県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。