県道42号尼崎宝塚線の地図:兵庫県の資格者警備員(交通)の配置路線

県道42号尼崎宝塚線は、兵庫県内全域が検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

 

 

 

 

 

 

by Google

 

兵庫県道42号尼崎宝塚線(ひょうごけんどう42ごう あまがさきたからづかせん)は、兵庫県尼崎市から宝塚市を結ぶ県道(主要地方道)である。

起点:尼崎市大庄北三丁目(西大島交差点)
終点:宝塚市小浜三丁目(小浜交差点)
主な経由地:伊丹市

【概要】

南側に接続する兵庫県道192号尼崎港崇徳院線とともに尼宝線(あまほうせん、にほうせん)と呼称されている。
この道路はもともと阪神電気鉄道系列の宝塚尼崎電気鉄道が尼崎 – 宝塚の鉄道免許を取得して建設し、路盤が完成したものの尼崎市内乗り入れ問題で挫折、その後路盤を舗装してバス専用道として利用されていたが、戦時中に兵庫県によって買収され県道となった。その名残で現在でも阪神バスが尼崎市内と宝塚市内を結ぶ路線を運行している。既存の鉄道から離れた区間を通るため、バスの便数・利用者は多い。
道路は尼崎市内の阪急神戸本線を縦断する陸橋区間(阪急立体工区)と、尼崎市の阪神バス「時友」バス停付近から「昆陽里南」バス停付近の間の区間(山田工区)、宝塚市の「福祉センター前」交差点から中国自動車道宝塚IC尼宝線出入口付近の区間(小浜南工区)以外はすべて4車線化が完了し、供用を開始している(ただし宝塚市内は一部2車線のみの供用)。前述の小浜南工区は慢性的な渋滞が発生しているため、ICの出入口を高架化、本線4車線化する工事を行っており、平成30年度供用開始を目標としている。そのほかの工区も令和5年度までに完了する見込みである。
鉄道未成線を流用したため、一部区間ではその痕跡が残る。全体的に直線が多いことに加え、尼崎市内の関西労災病院付近では西側に側道(一部は歩道化された)がある。また同市内の武庫の里2丁目(兵庫県立武庫荘総合高等学校付近)・西昆陽1丁目付近(阪神バス時友停付近)にも将来の拡幅を見据えて事前に設けられていた側道が見られる(前述の4車線化工事に関連する)。また、阪急神戸本線を乗り越す陸橋(尼崎市南武庫之荘7北交差点 – 武庫之荘2丁目交差点)は前後4車線の中で、ここだけ2車線で比較的ゆるやかな勾配となっており、それを偲ばせる。1987年頃まで、JR神戸線をくぐるガード(上記の関西労災病院北側)も上下1車線ずつでいかにも鉄道を通すためという雰囲気を持っていた。
この区間を走る阪神バスも、一部停留所では駅名標のような停留所名板が付いた屋根付きの待合所が設けられて、あたかも駅のような雰囲気を醸し出していたが、2017年6月現在で残っているのは西大島(宝塚方面)と小浜のみである。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員(資格者)の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

兵庫県警察本部 保安課

電話(078)341-7441

兵庫県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。