県道49号足立越谷線の地図:埼玉県の資格者警備員(交通)の配置路線

県道49号足立越谷線は、埼玉県内全域が検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

 

 

by Google

 

 

東京都道・埼玉県道49号足立越谷線(とうきょうとどう・さいたまけんどう49ごう あだちこしがやせん)は、東京都足立区から埼玉県越谷市に至る都県道(主要地方道)である。

起点:東京都足立区西保木間3丁目(西保木間交差点=国道4号交点)
終点:埼玉県越谷市大字下間久里(下間久里交差点=国道4号現道、新4号国道交点)

【概要】

国道4号草加バイパスが1967年(昭和42年)に開通したのに伴い、1973年(昭和48年)12月25日に旧道が都・県道に降格された路線であり、都県境である起点・足立区西保木間交差点から終点・越谷市下間久里交差点に至るまで国道4号及び東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)に並行している。1983年(昭和58年)4月1日に主要地方道の追加指定に伴う整理により、主要地方道として、埼玉県道3号足立越谷線として認定される。1994年(平成6年)4月1日に都道・埼玉県道49号足立越谷線として認定される。通称「日光街道」、「旧4号線」、「足越線(あだこしせん)」などと呼ばれ、草加市、越谷市の中心部を走る重要な道路であるほか、草加宿、越ヶ谷宿、草加松原など、日光街道の史跡を色濃く遺している。
草加、越谷の各市街地中心部を通るため、全線に渡り慢性的な渋滞が日常化している。越谷市の越ヶ谷 – 大沢は、埼玉県東部エリア(草加・越谷)の主要渋滞区間である。
草加市の谷古宇橋交差点は、2013年は埼玉県内で4番目に事故の多い交差点であった。また、越谷市内でも越谷警察署が「人身事故が多発している」として速度違反取り締まり重点路線(重点時間帯:6時 – 9時、10時 – 14時、16時 – 19時)に指定している(規制速度は時速40km)。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員(資格者)の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

埼玉県警察本部 保安課

電話(048)832-0110

埼玉県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。