県道5号さいたま菖蒲線の地図:埼玉県の資格者警備員(交通)の配置路線

県道5号さいたま菖蒲線は、埼玉県内全域が検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

 

 

by Google

 

埼玉県道5号さいたま菖蒲線(さいたまけんどう5ごう さいたましょうぶせん)は、埼玉県さいたま市見沼区の埼玉県道2号さいたま春日部線から、埼玉県久喜市の埼玉県道12号川越栗橋線までを結ぶ県道(主要地方道)である。

起点:埼玉県さいたま市見沼区大和田町一丁目 埼玉県道2号さいたま春日部線交点(大和田交差点)
終点:埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲 埼玉県道12号川越栗橋線交点(菖蒲宮本交差点)
主な経由地:上尾市、北足立郡伊奈町、蓮田市、白岡市

【概要】

連結している埼玉県道1号さいたま川口線と合わせて第二産業道路と呼ばれている。
埼玉県道1号さいたま川口線を引き継ぎ、さいたま市見沼区から上尾市・北足立郡伊奈町・蓮田市・白岡市を経て、久喜市(菖蒲区域)へ至る路線である。1994年(平成6年)3月31日までは「埼玉県道9号大宮菖蒲線」、同年4月1日から2001年(平成13年)4月30日までは「埼玉県道5号大宮菖蒲線」であった。
起点であるさいたま市見沼区の大和田交差点から上尾市の上尾運動公園入口交差点までは大半が4車線化されており、東京都から上尾市までを結ぶ第二産業道路の一部を形成している。
このうち、さいたま市見沼区大和田町の東武野田線(東武アーバンパークライン)との立体交差部(大和田地下道)は4車線規格で建設されたが、地下道北側に未取得用地があったため、地下道の南側から大和田町二丁目の押しボタン式信号(国際興業バス大14系統・さいたま市見沼区大砂土東地区乗合タクシー「みぬま号」の「紅葉ヶ丘」停留所付近)までの約900メートルを暫定2車線区間としていた。これらは2017年(平成29年)7月27日に4車線化された。
宇都宮線を跨ぐ東大宮陸橋を挟んだ、さいたま市見沼区東大宮の八雲神社入口交差点付近から見沼代用水西縁に架かる高台橋までの約1.5kmは、2020年現在も2車線となっている。1969年(昭和44年)8月1日に換地処分を迎えた砂土地区画整理事業(第1工区)によって整備された区間であり、沿道は商店や住宅が建ち並んでいる。この区間の4車線化は、事業着手見込みとなっている。なお、陸橋は4車線に対応する幅で建設されている。
上尾市原市の新幹線高架下から上尾運動公園入口交差点までの間(約1.4km)は、拡幅ではなくバイパス道路として建設され、2007年(平成19年)3月28日に開通した。それまでは東側を通る旧道が指定されていた。一方、上尾環状線の北は旧道から連なる道のままなので、双方は上尾環状線をわずかに重複指定して連結しており、クランク状に折れ曲がっている。なお、上尾運動公園入口交差点から埼玉県道150号上尾蓮田線までの約0.9kmは、2016年(平成28年)から暫定2車線で築造工事が進められている。
上尾環状線以北の区間は、国道17号とも近距離で平行しているため、そちらの混雑もしくは渋滞時の裏道的な役割も果たしているが、歩道のない区間や右折帯のない交差点が多く、朝夕は渋滞が起きやすい。
北足立郡伊奈町の区間は、埼玉県によって行われた伊奈特定土地区画整理事業により大部分が消滅した。区画整理中は完成した区画街路のうち、比較的もとの県道の位置に近いものが再指定されたため、住宅地の十字路・丁字路を4回右左折する形になった。区画整理の完成により指定変更が行われ、現在の右左折は2回となっている。
新幹線に沿って走るニューシャトルと、原市駅から内宿駅までの区間で平行している。
蓮田市から白岡市をかすめて久喜市に至る三市の境界付近は、川や用水路の集中する地区を抜けるため道路用地に余裕がなく、歩道はおろか中央線もない区間もある。
本路線の終点にあたる久喜市菖蒲区域では、かつて狭い川沿いや商店街の道が指定されていたため、市街地中心部を迂回して菖蒲総合支所(旧菖蒲町役場)から旧国道122号上中島交差点に至る星川バイパスが建設され、旧道の終点であった神南交差点まで、旧国道122号との重複区間とされた(旧道は指定解除)。2011年(平成23年)に国道122号騎西菖蒲バイパスが開通し、旧道となった重複区間は国道指定が解除され本路線の単独となった。また埼玉県道12号川越栗橋線と繋がる菖蒲宮本交差点まで区間を延長した。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員(資格者)の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

埼玉県警察本部 保安課

電話(048)832-0110

埼玉県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。