県道82号大沢西宮線の地図:兵庫県の資格者警備員(交通)の配置路線

県道82号大沢西宮線は、兵庫県内全域が検定合格警備員(交通誘導警備)の配置基準路線に指定されています。

 

 

 

 

by Google

 

兵庫県道82号大沢西宮線(ひょうごけんどう82ごう おおぞうにしのみやせん)は、兵庫県神戸市北区大沢町から西宮市神楽町を結ぶ県道(主要地方道)である。

起点:神戸市北区大沢町日西原(日西原交差点、兵庫県道17号西脇三田線交点)
終点:西宮市神楽町(神楽町交差点、国道2号交点)

【概要】

主要地方道に昇格された1982年(昭和57年)3月31日までは一般県道115号「六甲神楽線」と呼ばれた。
西宮市内を南北に結んでいる。西宮市山口町船坂から同市越水社家郷山間の小笠峠は「七曲がり」とよばれる急勾配・急傾斜の道路である。
1991年(平成3年)3月25日に西宮北道路(盤滝トンネル)が開通し利便性が向上したが、特に阪神・淡路大震災後、三田・北神から西宮および阪神間方面への抜け道として交通量が激増した。このためボトルネックであった甲寿橋交差点の立体交差を図るべく南進事業を開始し、2004年(平成16年)3月に同事業が完成した。もっとも、船坂交差点付近のボトルネックは解消されておらず、休日を中心に中国自動車道の上り宝塚付近の渋滞を回避するため、西宮北インターチェンジから、大阪市内などに向かう車両で渋滞が発生している。
2007年(平成19年)3月18日に開業したさくら夙川駅の建設工事に伴い、都市計画道路建石線として、西宮市神楽町から西宮市北名次町にかけて拡幅事業が実施された。その北の阪急甲陽線との平面交差付近では慢性的な渋滞が発生しており、阪急を地下化して踏切を廃止する案が検討されていたが、沿線住民の反対により2009年12月に事業休止が決定し、ボトルネックが解消されることはなくなった。
このほか、2007年秋から西宮市鷲林寺交差点付近の拡幅工事が行われ、すでに完成している。
2018年4月1日に西宮北道路が無料開放され、並行する小笠峠区間は西宮市道に格下げされた。

(Wikipediaより引用)

検定合格警備員(資格者)の配置基準とは

koutuukeibi

交通誘導警備業務の配置基準は、 高速道路、自動車専用道及び各都道府県公安委員会が指定する道路において、
交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備1級又は2級の検定合格警備員(一人以上)を配置して、
当該警備業務を行うこととなっています。

・警備業法第18条「特定の種別の警備業務の実施」

・警備員等の検定等に関する規則第2条

※ちなみに道路交通法では「歩道も車道も共に道路」と規定しています。

【問い合わせ先】

兵庫県警察本部 保安課

電話(078)341-7441

兵庫県警の配置基準に関するホームページはこちら

当サイトの情報の正確性及び責任について

当サイトのコンテンツや情報において、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めています。しかし、誤情報が入り込んだり、情報が古くなったりすることもあります。必ずしも正確性を保証するものではありません。

自社に問い合わせるか各都道府県警察担当部署に問い合わせ願います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
当サイトを利用する場合は、自己責任で行う必要があります。