さぬき浜街道の地図:香川県の資格者警備員(交通)の配置路線

さぬき浜街道は、令和3年4月1日から施行する内容が以下のような言い回しになりました。

高松市寿町1丁目3番6地先を起点とし、観音寺市豊浜町姫浜9 0 5番1地先を終点とする別図で表示する路線(通称さぬき浜街道)

(主要地方道丸亀詫間豊浜線(県道2 1号)と一般県道大屋冨築港宇多津線(県道1 8 6号)と重複する部分を除く)

※図面を香川県公安委員会・香川県警察情報公開コーナーに備え置いてあります。要確認

 

 

 

 

 

 

by Google

 

さぬき浜街道(さぬきはまかいどう)は、香川県高松市から、観音寺市に至る瀬戸内海の海岸を通る香川県中部から西部を縦断する道路の呼称である。

起点:香川県高松市寿町一丁目(寿町一丁目交差点・国道30号交点)
終点:香川県観音寺市豊浜町姫浜(須賀交差点・国道11号交点)

【概要】

高松市と中西讃地域の工業地帯を直結し、瀬戸大橋開通後の交通量の増大に対応する動脈「臨海産業道路」として当初40.8kmが計画され、その内高松市と多度津町間34.4kmを第1期計画区間として、1967年より各道路の管理者である県及び各市町が事業主体となり整備が開始された。
(Wikipediaより引用)

「さぬき浜街道の地図:香川県の資格者警備員(交通)の配置路線」の続きを読む…